未分類

家集などについて勉強した

勉強をしました。膳とは宮中で食事をつかさどる人のことです。柏木菟とは模様の名、柏の枝や葉と木菟を取り合わせたものという意味です。家集とは漢詩人の個人文集、また個人の和歌を集めた歌集のことです。炊水とは米のとぎ汁のことです。家職とは家の職業、家業という意味です。頭とは頭髪、物の最上部、先端、集団を統率するもの、最初という意味です。頭堅しとは健康であることです。頭煎じとは煎じ薬の最初に煎じた汁のことです。もっとも効き目があるとされます。数とは数字、数量、多数、たくさん、いろいろ、数える価値のあるもの、ものの数、定員、定数という意味です。数置くとは物を置いて点数を数えることです。数の外とは定員外という意味です。数を尽くすとは非常に多いことです。数数とは数や種類が多いさま、さまざま、いろいろ、一つ一つという意味です。春日造りとは神社本殿の建築形式の一つです。鎹とは両開きの扉の戸締まりに使う金具、掛けがねのことです。老け手ハンドクリーム